冬虫夏草でがんの再発予防を考えるサイト » 【コラム】がん予防のためにできること » 熱い食べ物・飲み物とがん予防の関係

熱い食べ物・飲み物とがん予防の関係

熱い食べ物

肌寒い季節になると恋しくなる、熱い食べ物や熱い飲み物。中には季節を問わず、熱いお茶やコーヒーを愛飲しているという方もいることでしょう。しかし、がん予防の観点においては「熱い食べ物・飲み物は良くない」という話があります。ここでは、がん予防と熱い食べ物・飲み物の関係について解説します。

熱い食べ物・飲み物はNG?

素手で熱いものに触れるとやけどをしてしまうように、口の中や食道も熱い食べ物・飲み物でがやけどをしてしまう可能性があります。

口の中や食道などの粘膜は、手や足といった皮膚に比べて傷つきやすい性質があります。食べ物・飲み物を熱いまま飲み込むことで、口の中や食道の粘膜を傷つけてしまい、食道がんや食道炎のリスクが高まるという報告があるのです。そのため、熱い食べ物・飲み物は熱いまま口に入れるのではなく、少し冷ましてから口に入れることが大切です。

毎日数回の積み重ねが「がん」という結果につながってしまわないよう、日頃から熱い食べ物・飲み物をそのまま飲まないよう気をつけましょう。

参照元:国立がん研究センターがん情報サービス|科学的根拠に基づくがん予防(https://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/knowledge/301.pdf

「熱い」とは具体的にどのぐらい?

ひとことに「熱い食べ物・飲み物」といっても、一体どのぐらいの温度のものを指すのでしょうか?

料理の種類によって平均的な温度は異なりますが、一般的には「口の中がやけどしてしまうくらいの温度」を熱い食べ物・飲み物と定義しています。口の中の粘膜は、皮膚と違って多少の熱さには鈍感なため、40℃から50℃くらいまでの食べ物・飲み物であれば「熱い」とは感じません。人間の体の機能として、口の中の粘膜は50℃くらいから60℃くらいまでは耐えられる構造になっているため、食べ物や飲み物を口に入れて人間が「熱い」と感じる場合は、その食べ物や飲み物が70℃を超えている可能性があります。

口の中の粘膜が耐えられる60℃くらいを超えてしまうと、やけどをしてしまう可能性があるので、熱い食べ物・飲み物の温度の目安としては、70℃前後と考えておくと良いでしょう。

WHO(世界保健機関)の下位組織「国際がん研究機関(IARC)」では、熱い食べ物飲み物の温度を65℃以上と定義しており、「65℃以上の熱い食べ物・飲み物は食道がんの罹患リスクを高めてしまう可能性がある」と発表しています。

口の中をやけどすることはなくとも、65℃以上の熱い食べ物・飲み物を長期間摂り続けてしまうと、口の中や食道の粘膜細胞が破壊されてしまい、口腔がんや食道がんの罹患リスクが高まる可能性があるのです。いくら我慢できても、食べ物・飲み物を熱いまま摂るということは避けるべきです。

熱い食べ物・飲み物は何℃ぐらいまで下げればいい?

熱い食べ物・飲み物ががんの罹患リスクを上げてしまうことがわかりましたが、では具体的にどのくらいの温度が安心できる温度なのでしょうか。

熱い食べ物・飲み物を摂取することとがんのリスクを研究している専門家によると、体にとって安全な温度は「10℃~40℃ほど」と言われているので、熱い食べ物・飲み物に関しては「人肌ぐらいの温度に冷ましてから摂る」ことを心がけましょう。

「熱い食べ物・飲み物」は少し冷ましてから

肌寒い季節になってくると、お鍋やコーヒーなど、熱い食べ物・飲み物が恋しくなってしまいます。しかし、がんのリスクを下げるためには、熱い食べ物・飲み物は冷ましてから口に入れるようにしましょう。

関連ページ

冬虫夏草でがんの再発予防を考えるサイト

【コラム】がん予防のためにできること
緑茶とがん予防
コーヒーとがん予防
果物は効果あり?がん予防の観点で解説
大豆ががん予防にもたらす効果とは?
ストレスコントロールはがんのリスクを左右する?
癌予防のために注意したい、痩せすぎの問題と解決策
ブロッコリーとがん予防
紫外線の癌予防効果
焦げとがん予防
ビタミンCはがんの予防に役立つのか?
天然の抗生物質・プロポリスの抗がん作用とは?
癌予防に取り入れたい食品、セロリの効果や栄養
ワインは効果あり?がん予防の観点で解説
ヨーグルトは効果あり?がん予防の観点から解説
トマトとがん予防
きのこのがん予防に期待できる効果とは?
がん予防と糖分の関係
がん予防にもなって縁起もよい!?霊芝の健康パワー
温泉の癌予防効果
にんじんとがん予防
しょうがとがん予防の関係とは
野菜はがん予防に効果あり?その理由を解説
癌予防のために注意したい、コレステロールの問題と改善法
癌予防のために注意したい、活性酸素の問題と解決策
癌予防のために注意したい、太り過ぎ・肥満の問題と解決策
ヨガの癌予防効果
マーガリンとがんの関係とは?
リンゴは効果あり?がん予防の観点から解説
がんの予防に「食物繊維」が役立つ!?
カバノアナタケのがん予防効果
揚げ物とがんリスクの関係とは?
デザイナーフーズとは?がん予防の効果が期待できる理由とおすすめ食材を解説
癌予防に取り入れたい食品、パースニップの効果や栄養
ポリフェノールとがん予防
フィトケミカルとは?がん予防が期待できる理由とおすすめ食材
納豆とがん予防
癌予防に取り入れたい食品、レモンの効果や栄養
着色料とがん予防
癌予防のために知っておきたい、BMIについて
癌予防に取り入れたい食品かぼちゃの効果や栄養
摂取量はほどほどに…塩分過多はがんリスクを高める
HPVによるウイルス感染と子宮頸がんの予防について
がん予防にビタミンEがよいといわれる理由とは?
ヘリコバクターピロリ菌と胃がんの関係性とがん予防
女性ホルモンによる乳がん発症リスクとがん予防
幻のキノコ!メシマコブの抗がんパワー
がんに負けない身体をつくるお肉の食べ方
岩盤浴の癌予防効果
キャベツでがん予防!驚きの効果を解説
がん予防に役立つスーパーフード

がん相談を
藤沼医院にする