冬虫夏草でがんの再発予防を考えるサイト » 【コラム】がん予防のためにできること » がん予防と糖分の関係

がん予防と糖分の関係

黒糖

疲れた時やほっと一息つきたいときに摂りたくなるのが糖分の入った甘いお菓子や飲み物。
糖分は体にとって必要なエネルギーの1つではありますが、がん予防においてはどうなのでしょうか。

そこで、がん予防の観点で糖分について解説します。

がん予防において糖分摂取はNG?

がん予防に関するさまざまな研究において、「高濃度の糖分の多い食品を定期的に摂取すること」は、がんを引き起こしてしまう可能性や、体の中のがん細胞のエサになってしまうという可能性が示されています。
また、糖分の多い食事は一部のがん治療の効果も低減させてしまう可能性も指摘されていることから、糖分摂取は必要最低限とし、糖分の多い食品や飲み物の摂取は控えるべきと言えるでしょう。

WHOの発表では、糖分はたばこや塩分に続いて制限の対象となっているため、がん予防に限らず「糖分のとりすぎ」は体への悪影響となるのです。

参照元:addon.life|高糖摂取は癌を引き起こしますか?(https://addon.life/ja/2021/07/13/sugar-cancer/

参照元:リーレクリニック大手町|砂糖と発がん性について(https://www.lireclinic.com/column/2066/)

糖分の大量摂取をすることでがんリスクが増加する理由

糖分の大量摂取はがんのリスクを増加するということはわかりましたが、具体的にはどのような研究からわかったことなのでしょうか。

2019年、フランスのコホート研究では、アンケートを集計したデータから、砂糖の入った飲みものや100%のフルーツジュースといった甘い飲み物を飲んだ場合と、人工的に甘みをつけた飲み物を飲んだ場合とで、がんとの関係性を調査しました。
この結果、甘い飲み物をたくさん飲む人は、甘い飲み物を飲まない人やほとんど飲まない人と比べて、18%もがんの発症確率が高いというデータが示されました。
さらに、乳がんにおいては22%も高いという結果が出ています。

さらに同様の調査を行い、10年間のフォローアップを行った結果、糖分の多い飲み物を定期的に摂取している人の場合は、閉経後の女性の乳がん発生率が高くなるということがわかっています。

参照元:addon.life|高糖摂取は癌を引き起こしますか?(https://addon.life/ja/2021/07/13/sugar-cancer/

甘いものが食べたいときには人工甘味料がおすすめ

糖分の多く入った飲み物はがんのリスクを上げてしまいますが、砂糖と同じ用に甘味を感じる「人工甘味料」の場合はどうなのでしょうか。

糖分の入った飲み物と比べて、人工甘味料を使用した飲み物を摂取した人は、がんのリスクとは関連していないという結果がでました。
一部では「人工甘味料はがんのリスクが上がるのでは?」という心配する声もありましたが、今回の調査では人工甘味料とがんのリスクには関連性がなかったということがわかったので、必要最低限の糖分摂取にプラスして甘いものを摂りたい場合は、人工甘味料という選択肢がおすすめです。

参照元:リーレクリニック大手町|砂糖と発がん性について(https://www.lireclinic.com/column/2066/

糖分だけでなく炭水化物にも注意!

砂糖に含まれる糖分はがんのリスクをあげる可能性があるということがわかりましたが、糖分と同じくらい「炭水化物」の摂取にも注意しなくてはなりません。

精製して作られる白い「上白糖」は、100gあたりの炭水化物の量が99.2gなので、上白糖のほぼ100%が糖質といえます。
砂糖自体は1日に大量に摂るものではありませんが、ご飯やうどんなどから炭水化物を摂取しますので、炭水化物の取りすぎにも注意しなくてはなりません。

上白糖に比べて、精製されていない黒糖については炭水化物の量が89.7%で、ビタミン類やミネラルも含まれていることから、黒糖のほうが栄養価が高いという意見もあります。

しかし、100g単位の世界なので、黒糖に含まれる少量のビタミン・ミネラルよりも野菜や果物から摂ったほうが効率的と言えます。 上白糖・黒糖どちらを使うにしても、糖分の量、炭水化物の量に気をつけながら摂取することが大切です。

参照元:メディ在宅クリニック|砂糖について (https://meddy-clinic.jp/kanwacare-new/satou/

関連ページ

冬虫夏草でがんの再発予防を考えるサイト

【コラム】がん予防のためにできること
植物油とがん予防
岩盤浴の癌予防効果
がんに負けない身体をつくるお肉の食べ方
きのこのがん予防に期待できる効果とは?
がんの予防にアプローチする「ビタミンA」2つの力
カリフラワーとがん予防
にんじんとがん予防
アクリルアミドとがんリスクの関係とは?
肝炎ウイルス感染による肝がんの発症リスクとがん予防
緑茶とがん予防
デスクワークの癌予防
辛い食べ物はがん予防の大敵?
がんの予防に「ヒハツ」がよいといわれる理由とは?
熱い食べ物・飲み物とがん予防の関係
癌予防に取り入れたい食品スピルリナの効果や栄養
癌予防のために注意したい、コレステロールの問題と改善法
女性ホルモンによる乳がん発症リスクとがん予防
幻のキノコ!メシマコブの抗がんパワー
癌予防に取り入れたい、ウォーキングの効果やコツ
コーヒーとがん予防
癌予防に取り入れたい、質の良い睡眠の効果やその方法
トランス脂肪酸とがん予防の関係とは
しょうがとがん予防の関係とは
アブラナ科の野菜でがん予防!おすすめの野菜や食べる量について解説
ビタミンCはがんの予防に役立つのか?
癌予防のために知っておきたい、BMIについて
温泉の癌予防効果
癌予防に取り入れたい食品 水素水の効果や取り入れ方
納豆とがん予防
カバノアナタケのがん予防効果
保存料とがん予防
赤身肉ががん予防にもたらす効果とは?
ブロッコリーとがん予防
フィトケミカルとは?がん予防が期待できる理由とおすすめ食材
アガリクスはがん予防に有効?
がん予防につながる栄養の摂り方5つのポイント
大豆ががん予防にもたらす効果とは?
サプリメントはがん予防に効果があるのか?
農薬とがん予防
果物は効果あり?がん予防の観点で解説
ピーマンとがん予防
海草のぬるぬる成分・フコイダンでがん予防
発酵食品とがん予防の関係
癌予防に取り入れたい食品ナッツの効果や栄養
癌予防のために注意したい、活性酸素の問題と解決策
HPVによるウイルス感染と子宮頸がんの予防について
癌予防に取り入れたい生活習慣、朝型生活の効果や実践法
ヨーグルトは効果あり?がん予防の観点から解説
癌予防に取り入れたい食品、芽キャベツの効果や栄養
パセリとがん予防

がん相談を
藤沼医院にする